ギフトマナーについて

ギフトマナーを知るということは、
贈る相手にとって、最適なギフトを贈れるということ。
しかし、マナーって仕来りや礼儀が多くてむずかしい。
贈るシーンによってマナーも変わるのでよけいに迷います。
いつ贈るのがいいの?
金額の相場は?
のしってなに?
そんなあなたの、ちょっとした疑問や悩みをここで解決。
マナーを知ることで、相手に喜んでもらえる
最適なギフト選びが出来るように。



Wedding Gifts

結婚祝い Wedding Gifts結婚祝い Wedding Gifts

結婚祝いでの贈り物は、結婚式前の1ヶ月前~1週間前までに手渡し・配達で贈るのが一般的なマナーです。
当日間に合わないからといって、結婚式当日に持参すると返って迷惑になりますので、一言お断りを入れ後日贈るようにするとよいでしょう。
お祝いの予算は渡す相手との間柄にもよりますが、友人等の場合、5,000円~10,000円が目安で親友や親族の場合は、10,000円~30,000円が一般的です。
贈り物は主にキッチン雑貨や家電は日常でも使いやすく喜ばれることが多いでしょう。食器類は「割れるもの」「壊れるもの」としてタブーとされていましたが、最近では「割れる=(幸せが)増える」としてとらえ、おしゃれな食器なども結婚祝いに選ばれたりすることが増えております。キッチン雑貨である、包丁やハサミは昔から「縁が切れる」ことを意味する為、お祝いの品では贈るのはタブーとされています。親しい間柄であれば、事前に何が欲しいかチェックするのもよいでしょう。

のしについてはこちらをご覧ください。

Baby-birth Gifts

出産祝い Baby-birth Gifts出産祝い Baby-birth Gifts

出産祝いの贈り物は、近親者は生後1週間以内に贈り、それ以外の方は生後1週間~1ヶ月以内が目安となります。
しかし、出産後は母子の健康状態はとても不安定なため訪問する場合は落ち着いてから訪問するのがベストです。
配達する場合は、メッセージを添えて贈りましょう。
お祝いの予算は間柄・関係性によりますが、親戚・兄弟の場合、10,000円~30,000円。親友や親しい方は10,000円が一般的です。友人・知人や同僚・会社関係の場合は5,000円が目安となるでしょう。同僚、会社関係であれば、人数を募ってまとまった額にするのもよいでしょう。
贈り物は、実用的なベビー服・ベビー食器・スタイ(よだれかけ)が喜ばれます。
大きすぎる物や高価すぎる物は、かえって気をつかわせてしまうため
親しい間柄であれば、アイテムが重ならないように何が欲しいか伺っておくのもよいでしょう。

のしについてはこちらをご覧ください。

Housewarming Present.

新築祝い Housewarming Present.新築祝い Housewarming Present.

新築祝いの贈り物は、新築でのお披露目会に招待され参加する場合は当日持参するか、前日までに届くよう手配するのがよいとされております。
お披露目会当日に用意できなかった場合は、簡単な手土産を持参し、後日改めて贈るのがマナーになります。
お披露目会に不参加もしくは開催されない場合は、新築半月から1ヶ月以内に贈るとよいでしょう。
お祝いの予算は、お相手との関係性にもよりますが、知人・友人や職場の同僚へ個人でお贈りする場合は5,000円~10,000円が目安となります。親族・兄弟の場合は10,000円~30,000円のお祝いの贈り物が一般的です。
新築祝いは、現金やギフトカード等が手堅いですが、やはり家族・兄弟や親しい友人・知人であれば心のこもった贈り物が喜ばれるでしょう。特に新生活で使える家電やキッチン雑貨・ペア食器が人気もあり、喜ばれることでしょう。
相手側が目上の方の場合は、現金や金券をお贈りするのは失礼に当たるという見方もありますので、気をつけたほうがよいです。そして、火や煙を連想させるもの(赤いもの・キャンドル・お香・ライターストーブ)や新居を傷つけるもの(壁掛・時計・絵画)はマナーとしてNGとなるため、気をつけましょう。

のしについてはこちらをご覧ください。

Family Celebration

内祝い Family Celebration内祝い Family Celebration

内祝いの相場は、「半返し」が一般的です。ご祝儀や贈り物をいただいた場合は金額に換算して半額分~3分の1相当の贈り物を選びましょう。 まとめていただいた場合は、一人あたりを換算してそれぞれの方にお返しするのがよいでしょう。
ただし、いただいた贈り物の金額が分からない場合は、相場にこだわらず感謝の気持ちをお伝えすることが大切であり、金額にこだわる必要はありません。

結婚内祝い

結婚内祝いは、ご祝儀や結婚祝いをいただいた方の中で「披露宴に招けなかった方」「事情により欠席された方」にお贈るのが基本となります。贈る時期ですが、挙式後1ヶ月以内が一般的です。結婚式以前にお祝いを頂くこともありますが、その場合も結婚式後に贈って構いません。配達する場合には、事前にお返しの品をお贈りすることをお伝え、お礼状を添えるのがマナーです。

出産

幸せのご報告を意味する「出産内祝い」は、たとえお祝いをいただかなくても、親戚関係にはお披露目の意味をこめて出産内祝いを贈るとよいでしょう。内祝いを贈るタイミングですが、お七夜・命名が済んで、お宮参り前後、つまり生後1ヶ月前後が適切なタイミングです。

新築

新築内祝いは、新しい家を披露し、おもてなしをすることが一番喜んでいただけるでしょう。
しかし、招待した方々の中でも「高価なお祝いをいただいた方」「遠方などで来れなかった方」へお返しとして「内祝い」を贈ります。転居してから1ヶ月~2ヶ月くらいに内祝いを贈るのが一般的なマナーとされております。内祝いの贈り物は、定番といえば、タオル、石鹸、洗剤などは、世代問わず使える日用品は喜ばれるでしょう。
また、お菓子やスイーツ・ジュースの詰め合わせは気軽に楽しめる品として喜ばれます。注意点として、食品類を選ぶ場合は、賞味期限が長い食品類を選びましょう。

のしについてはこちらをご覧ください。

Present

引き出物 Present引き出物 Present

引き出物は結婚式・披露宴の際に招待ゲストからのお祝い(ご祝儀)に対するお礼として配られる品々のものを指します。
金額は3,000円~12,000円が相場で、渡す相手との間柄やご祝儀の相場によって引き出物の金額を決めるのが一般的となっております。
自分では買わないブランド食器類や人気の引き菓子などが喜ばれ、セットでの引き出物も選ばれる方が多く、一括で選べてリーズナブルなところが人気の理由の一つとなっております。逆にもらって困るものは新郎新婦の名前が入ったグッズなどになるので気をつけましょう。

のしについてはこちらをご覧ください。